デリケートゾーンが乾燥してかゆくなる時の対処法は?原因も徹底解説!

デリケートゾーンの悩みは人に相談するのも難しいですし、一人で不安を抱え込んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな中でもアソコが乾燥してかゆくなるという悩みは辛く、早く解決したいところですよね。

今回はそんなデリケートゾーンの乾燥とかゆみについて解説していきましょう。

スポンサーリンク

年を取ると乾燥するの?

14410102502gtqp

女性のデリケートゾーンは生殖器官ですので、年をとって生殖能力がなくなってくると、自然と劣化していきます。これは25歳くらいをピークに女性ホルモンの分泌量が減るのと同時に始まり、閉経に向かってゆっくりと進んでいきます。

女性ホルモンが減ってくるとデリケートゾーン周辺への血液の流入も少なくなり、これによって陰部の乾燥が起こってくるのです。ある意味では防ぎようもない生理現象の一つですので、あきらめなければならない部分が大きいと言えるでしょう。

陰部が乾燥すれば、それだけ刺激に対して敏感になることになり、炎症も起こしやすく、かゆみにつながってくるのです。

冬のデリケートゾーンは乾燥する?

デリケートゾーンの乾燥は年齢だけの問題ではありません。当たり前のことですが、空気が乾燥する冬の時期には、肌も乾燥しやすく、デリケートゾーンもその例外ではないのです。

ですから冬場は特に、デリケートゾーンのしっかりとしたケアが重要になると言えるでしょう。

デリケートゾーンの乾燥とかゆみの対処法

デリケートゾーンの乾燥とかゆみを感じた時に、一番やってはいけないことがボディーソープでアソコをゴシゴシ洗うことです。これをやってしまうと陰部を守る細菌までが剥がれ落ち、さらなる乾燥を招くことになります。

デリケートゾーンの洗浄には必ずデリケートゾーン専用石鹸を用い、よく泡立てて優しく洗うことが肝心になります。おすすめのデリケートゾーン専用石鹸も上げておきますので、参考にしてみてください。

また、アンダーヘアを適度にカットして、陰部に刺激が伝わらないようにするのも、かゆみを抑える一つの手段になるでしょう。同じ意味で、ナプキンやパンツを自然由来の素材のものに変えるのもよいでしょう。



あとはデリケートゾーンに潤いをプラスするための特別なケアも有効ですね。筆者は薬用アットベリーで乾燥のケアを行っていますが、黒ずみもなくなって効果はけっこう高いですよ。お風呂上りに軽く塗ってあげるだけなので楽ちんです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

デリケートゾーンの乾燥や痒みはつらい問題ですが、上記のような対処法を参考に、少しづつ解消してみてください。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析