妊娠超初期の腰痛の見分け方!生理の腰痛との違いは?

妊娠を望む女性であれば、体の些細な変化にも敏感になるものですよね。生理のたびに出る腰痛のような症状でも、妊娠超初期症状なのではないかと思ってしまうものなのです。

実際、腰痛は妊娠超初期症状の一つとして知られていますし、これをきっかけに妊娠に気が付く場合もあります。今回はそんな妊娠超初期の腰痛について解説していきましょう。

スポンサーリンク

妊娠超初期の腰痛の原因は?

1436065544a6ene

妊娠超初期の腰痛の原因は、卵巣ホルモンのリラキシンにあるとされています。リラキシンは関節を緩める働きがあり、それによって腰への負担が増え、腰痛を引き起こしてしまうのです。

関節を緩めるというのはもちろん、出産に備えた体の働きですので、これが女性ならではの悩みの原因となるわけです。

腰痛の原因はほかの女性ホルモンの場合もあり、プロスタグランジンによる子宮収縮がもとになっていることもあります。

妊娠超初期の腰痛と生理の腰痛の見分け方

痛みの感じ方は人それぞれですし、それを他の痛みと比較するのは大変難しいのですが、一つの指標がありますので、参考までに提示しておきましょう。

まず生理に伴う腰痛は、排卵から生理の2日目くらいまで続くことが多いのに対して、妊娠超初期の腰痛は生理予定日の当日から始まることが多いとされています。

痛みの種類としましては、生理に伴う腰痛が背中から腰、太ももにかけて重くのしかかるような鈍い痛みを感じるのに対し、妊娠超初期では骨盤あたりに激しい痛みを感じる方が多いようです。

このように痛みの時期や種類が生理と妊娠超初期では若干異なりますので、見分ける際の指標にしてみてください。

また、妊娠超初期には腰痛の他にも、胸の張りや、倦怠感、熱っぽさ、軽い吐き気、頭痛、腹痛などの症状が現れることが多いようです。これらの症状と合わせて見比べれば、妊娠超初期に気が付くことも少し容易になるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

妊娠超初期の腰痛はお風呂にゆっくり入ったり、リラックスしてマッサージを行うことで解消することがあります。皆さんもこれを参考に妊娠超初期症状について考え直してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析