妊娠超初期の生理みたいな出血は大丈夫?それは着床出血です!

妊娠を望む女性であれば、体の些細な変化にも敏感になるものですよね。特に出血があるとなれば、赤ちゃんのことも心配になりますし、動揺してしまうのも無理はありません。

今回はそんな妊娠超初期の出血について解説していきましょう。

スポンサーリンク

妊娠超初期の生理みたいな出血は何?

1425410622oe86u

卵子と精子が受精した後、卵子が子宮に着床すると、これに伴って子宮壁を傷つけることがあるのです。この時に出血することがあり、これが生理のような血として現れるのです。

しかしこれも必ず出血があるわけでもなく、全く出血が見られない人も多いようです。ですので着床出血はあまりあてにできる妊娠超初期症状とは言えないでしょう。

また、着床出血は生理のような血として混同してしまう人もいるのですが、よく見れば血は少し違う感じです。よく見ればわかる違いがあることが多いので、普段からチェックを欠かさないようにしておきましょう。

着床出血の時期と特徴

着床出血は経血とは異なり、茶色くどろっとしたオリモノのようなものが出たり、真っ赤な鮮血の場合があったりと、個人差が激しく様々です。

これが2~3日ほど続く場合もありますし、心配になってしまう気持ちもわかるのですが、妊娠検査薬を使うなどして見極めるようにしましょう。

着床出血の量は、おりものに色がついている程度の微量の場合がほとんどです。ただ、まれに生理と変わらないぐらい出る場合もあります。

着床出血が起こる時期は、生理の1週間ほど前から生理日くらいになります。これがすぐに終わる場合もあれば、数日続く場合もあるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

妊娠超初期の出血は心配になることも多いでしょうが、適切な知識を持って動じないように対処していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析