着床するとおりものは増える!?妊娠超初期のおりものを徹底解説!

妊娠を望んでいると、ささいな体の変化にも敏感になるものですよね。特にデリケートゾーンから直接出てくるおりものに関して注意深く観察している方も多いと思います。

今回はそんな着床とおりものの関係についてご説明していきましょう。

スポンサーリンク

着床するとおりものは増える!?

14410102502gtqp

妊娠の超初期症状の一つとして、おりものの変化が挙げられます。

言うまでもなくおりものは通常の状態から分泌されるものですから、おりものが出たからといって、妊娠しているとは考えられません。

おりものの基本的な機能は、膣内を清潔に保つための清掃機能と、精子を卵巣まで届けやすくする役割の2つです。

この量はホルモンの働きによって大きく上下し、特に生理の影響は受けやすいとされています。おりものの量は排卵日にピークを迎え、生理後には徐々に少なくなってくるものです。

これが通常の場合なのですが、妊娠した場合にはおりものの分泌量も変わってきます。妊娠すると女性ホルモンの分泌量が大幅に増え、これに比例しておりものの量も増大するのです

着床した場合におりものが増えるとされるのはこのためです。つまりおりものが急激に増えたときは妊娠の超初期症状と思って問題ないでしょう。

妊娠超初期のおりものは、さらさら?

これは個人差があるのですが、妊娠超初期症状としてのおりものには形状にも特徴があることも知られています。

水のように透明で、さらさらしたおりものがダラダラと続くのが特徴です。これが無事に受精を遂げた卵子が子宮に着床したことのサインである、ということは科学的にもある程度的を得ているといえるでしょう。

しかしこれも絶対的な兆候とはとても呼べません。おりものの状態だけを見て喜んだり悲しんだりしてみても、それは徒労に終わる可能性が高いですし、きちんと妊娠検査薬の結果が出るのを待って判断するようにしましょう

まとめ

いかがだったでしょうか。

妊娠時には体の些細な変化にも敏感になり、ちょっとしたおりものの変化にも反応してしまいがちですが、これをあまりにも重視することは危険なことだと言えるでしょう。

これをきっかけに妊娠判断についても見直してみてくださいね。

妊活には【VEGEMAMA-ベジママ】のサプリメントがおすすめ!



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析