おりものが黄色いのは病気?妊娠?原因と対処法を解説!

おりものの悩みは多くの女性が抱える問題でしょう。なかなか人に聞けるものではありませんし、不安を抱え込んでしまっている方も多いのではないでしょうか。

中でも色のついたオリモノが出てくると怖いものでしょう。無為に病気を疑ったりしてストレスを増し、結果としてさらなる病気を招くケースもあるほどです。

今回はそんな黄色いおりものの原因と対策についてご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

黄色いおりものは異常?

14396409699opnw

黄色いオリモノは単なる雑菌の繁殖から重大な感染症まで、様々な原因によって引き起こされます。別の記事で紹介した茶色いオリモノが、主に血液が混じることによってできるのに対し、黄色の場合は原因も異なります
茶色いオリモノは病気?

色には個人差があるものの、一般にはクリーム色程度でしたら正常といえるでしょう。それ以上黄色い場合は、以下のような原因が考えられます。

膣に異物が入って雑菌が繁殖している

膣内にタンポンやコンドームなどの異物が長時間入っていると、中で雑菌が繁殖して黄色いオリモノが出る原因となります。この場合かゆみなども一緒に出ることが多く、原因はすぐに特定できる場合が多いでしょう。

膣内の清潔に気を配って様子を見ましょう。

クラミジア感染症の可能性

クラミジア感染症にかかった場合も黄色いオリモノが症状として現れます。この場合排尿時の痛みを伴いますので、疑われる場合は婦人科へ急ぎましょう。

クラミジアは性感染症の一種で、重大な場合は不妊症にもつながりますので、早急な対処が望まれます。

淋病の可能性

こちらも性感染症の一種で、オリモノが濃い黄色の膿のようなものであれば、淋病の可能性が考えられます。こちらも症状が進むと大変なことになりますので、医師へ相談することを強くおすすめします。

トリコモナス膣炎の可能性

黄色や黄緑色の泡立ったオリモノが出てくる場合、トリコモナス膣炎の可能性が考えられます。これも多くは性行によって感染する病気で、ほかの感染症のリスクも高める免疫力の低下を招きます。

子宮内膜炎の可能性

子宮内膜炎は多種多様な細菌によって引き起こされる炎症で、悪臭のある膿のようなオリモノが何日も続けて出る場合、これが疑われます。

発熱や下腹部の痛みを伴う場合もありますので、よく体を観察してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか

黄色いオリモノは些細なことに見えて、実は多くの重大な病気の初期症状として考えられるものですので、軽視しないで向き合うことが大切です。

少しでも異常を感じれば、婦人科へ相談することを怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析